トップページ > トピックス > 2005年08月

トピックス

特許四季報創刊3号について

この初夏、株式会社アイ・ピー・ビーより、特許四季報の創刊3号が発売されました。今回は、巻頭特集として、「超・日本の経営-日本企業進化の法則徹底解説-」と題し、株式会社アイ・ピー・ビーによる知的財産戦略の考え方が総括されています。さて、この創刊3号でも、前2号に引き続き、弊社代表取締役中野秀代が座談会のモデレータをつとめさせていただきました。【企業評価に繋がる「知的財産報告書」とは】をテーマに行われたこの座談会では、知財IRのパイオニア研究者、知的財産報告書の発行企業、証券アナリスト、知財アナリストの皆様に会していただき、「知的財産報告書」を媒介にした企業と株式市場のコミュニケーションのあり方を多方面から模索いたしました。
2005年7月16日(土)社団法人日本外国特派員協会において『アナログとデジタルの接点・ヒューマンインターフェイスを考える』をテーマに開催いたしました会社説明会のレポートを掲載いたしました。