トップページ > トピックス > 2011年02月

トピックス

2010年10月29日付リリースで、2006年4月期から2011年4月期第1四半期(1Q)にかけての売上計上等に関し、売上の前倒しなど、不適切な会計処理が行われていたとの疑義が生じたことを発表した株式会社東研(以下、東研)。同社では、その後直ちに社内調査委員会を、続いて第三者による外部調査委員会を設置し、全容の解明と再発防止に向けた改善に取り組んできました。2011年1月13日付けで2011年4月期 第2四半期決算(2Q)を発表しましたが、現在も当2Qを除く過年度決算への影響額について、監査が行われています。このたび、不適切な会計処理に対する対応の状況、ならびに数値が確定した当Q2決算の概要と今後の事業展開につき、代表取締役社長の春山安成氏にお話をうかがいましたので、その概要をご報告します。